中目黒新聞は中目黒の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

中目黒で堪能!本格派だけど気軽に楽しめるフレンチベースの鉄板料理「ブロックス」

今回取材させていただいた中目黒の「ブロックス」。3周年イベントにお邪魔して、お料理のおいしさはもちろん、キビキビ動くスタッフさんが「かっこいいなー!」と、とても印象的だったのです。その魅力を、垂涎の贅沢鉄板メニューとともにご紹介します!

■カジュアルに楽しめる創作鉄板料理のお店

お店は中目黒駅から徒歩5分、住宅街の一角にあります。

中目黒ブロックス

店内は鉄板前のカウンター(6席)と

中目黒ブロックス

大テーブル(8席)が存在感を放つ、上質で骨太なステキな内装。4名・6名で利用できる個室も2つあります。

「ブロックスは『オー・ギャマン・ド・トキオ』のオーナーシェフ・木下威征が2012年にオープンしたカジュアル創作鉄板フレンチのお店。木下は辻調理師専門学校の講師を務めていて、うちのスタッフはほぼ全員、シェフを師事する卒業生なんですよ」と話してくださったのは、木下さんからもっとも期待されているというホールマネージャーの佐藤さん。

中目黒ブロックス

そしてこちらは、料理長の藤井さんです。

中目黒ブロックス

――お料理はフレンチが中心ですか?

「フレンチに限らずイタリアンや和食、中華のメニューもありします。2週間ごとに旬の食材を使った新しい鉄板メニューが登場しています。今日はいつでもお召し上がりいただけるブロックスの人気メニューをお出ししますね!」

では早速お酒を、とメニューを拝見するとワインを中心にビールや焼酎、日本酒なども幅広くラインナップ。佐藤さんによると、ワインは常に新しいお料理に合わせて仕入れているのだとか。この日はグルジアのおもしろい赤ワインや、オーストラリアのビオワインなどもあるということで、いろいろ悩んだ末にこの日イチオシの赤&白ワインをいただくことに!

中目黒ブロックス

2002年のシャトー・レ・グラン・マレショー(ボルドー)(グラス1,500円)

今だけの限定プライスで、なくなり次第終了だそうですよ!

そして白はこちら。

中目黒ブロックス

サムウェアー・オン・アナザーヒル/ヤウマ(グラス 1,800円)

昨年もあっという間に売り切れてしまったという、この時期だけのオーストラリアのナチュラルオレンジワインは必飲です!

■創作鉄板料理は新しくて贅沢な味のオンパレード!

ここからは絶品料理をご紹介。

中目黒ブロックス

とうもろこしのムース生うに添え 700円

『オー・ギャマン・ド・トキオ』の一品が中目黒でも楽しめます。甘いとうもろこしのムースは少し粒が残ってシャキッと。そこに北海道・根室産ウニのうまみとプリプリ感が絶妙にマッチ! これは計算し尽くされたおいしさですよ。

鉄板では藤井料理長が何やら真剣な眼差しで作業中。

中目黒ブロックス

慎重に丁寧に作られるスフレオムレツは、中にグリュイエールチーズ、上から白トリュフ入りのはちみつがトローリ。そしてさらにリコッタチーズが乗ります。

中目黒ブロックス

ふわふわスフレチーズオムレツ 1,700円(写真は半分にカットしていただいたもの)

このオムレツもギャマンの味と技をしっかりと受け継いでいます。とろっ、ふわっ、という食感に、しょっぱさ、甘み、さわやかな酸味。「なにこれ!?」とおいしさの秘密を探っているうちに食べ終わってしまう魔性のオムレツ!

そしてまたまた鉄板上がステキな状況になっております。

中目黒ブロックス

完成したのはオリジナルのハンバーガー!

中目黒ブロックス

フォアグラバーガー 2,800円(通常2個セット 写真は1人分1,400円)

フォアグラ、ペコロス、大葉、アボカドわさびを挟んだ照り焼き風味のミニバーガー(ショップカードとサイズを比較)。バンズはあのメゾンカイザーの特注品ですって! 「もっと小さく!って何度もお願いしたんです(笑)」と藤井料理長。可愛くておいしくて、特に女性がテンション上がること間違いなしです!

満足し過ぎてもうダメ~、というところにダメ押しで藤井料理長が仕込んでいるのがコチラ。

中目黒ブロックス

眩い色を放つ赤身にほどよくサシの入った、藤井料理長が惚れ込んだ熟成6ヶ月の北海道ジャージー牛!

中目黒ブロックス

鉄板で焼き、グリルで油落としをすることで、やわらかさもキープ。

中目黒ブロックス

熟成牛の赤身ロースステーキ エシャロットがけ 2,900円

牛肉のステーキにエシャロットソースの組み合わせは、フランスの定番料理。やわらかい熟成牛のうまみがたまりません!

■「もっと中目黒の人に愛されたいんです!」by店長

ここで店長・佐藤さんのお悩みを聞いちゃいました。

中目黒ブロックス

「本当はもっとご近所の方にもフラッときていただきたいんです。当店のためにわざわざ中目黒まできてくださるお客様は多いのですが・・・」

――私も、ちょっとかしこまった印象がありました。大事なときにくるお店のような・・・

「そんなことないんですよ。 一軒目で食べて飲んで、酔っ払って『フォアグラバーガーだけ食べにきましたー!』という方もいるほど、実は気軽に使っていただきたいですね」

――えっ、そんな使い方もありなのでしたら気軽に来ちゃいますね。

狙い目は平日21時以降だそう。人気はおまかせのコース料理ですが、アラカルトでも、予約なしでも、一人でも、「シェフ〜 やってます?」みたいなノリで行っちゃいましょう! ラストオーダーは23:30です。

■意外にも親しみ易いスタッフさんとお店の雰囲気

佐藤さんの「おいしいのは当たり前、お客様に楽しんでもらうための努力は惜しまないし、そのためにスタッフ一丸となり取り組んでいます」という言葉通り、スタッフさんたちは今日もキビキビ。お客様に喜んでいただきたい!というストイックなプロ意識から生まれている心地よい空気感をかんじられます。

中目黒ブロックス

でも、話してみるとみなさんとっても気さく。「大雑把なんですよ(笑)」と笑顔で話すラフさもブロックスの魅力です。

中目黒ブロックス

この集合写真にあたり、某スタッフさんが「(制服の)シャツがない!」と上半身裸で登場しちゃう事件(?)もありました。誕生日にはこのスタッフさんたちがペッパーミルをマイクにしたHappy Birthdayの合唱してくれるのだとか。オーナーシェフ・木下さんのモットーでありグループ全体のコンセプトである「やる時は全力!遊ぶ時も全力!」を体現されていますね〜。

 

かしこまったお店かと思いきや、意外にも親しみやすかったという、うれしい発見のあったブロックス。もっとたくさんの方が身近に感じてくれるといいな!

中目黒ブロックス

 

ブロックス (Plaque Cuisine de GAMIN BLOCKS)
所在地:東京都目黒区上目黒3-16-13 キューブM 2F
TEL:03-5724-3461
定休日:年末年始のみ
営業時間:
【LUNCH】 11:00~14:30 (L.O.14:00) ※ランチは日曜日限定
【DINNER】 18:00~00:00 (L.O.23:30)
Web:http://www.gamin2008.com/shopinfo/blocks.html

Share (facebook)