中目黒新聞は中目黒の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【台所漢方】花粉症からデトックスまで。暮らしのなかに漢方のエッセンスを。

春近し、ポカポカした陽気の日が増えてくると気分もルンルン。

しかーし!またこの季節か、イヤになっちゃう!という人はコレが原因なのでは。

花粉。

 

そんな花粉症をお持ちの方にも朗報?!

山手通り沿いに気になる立て看板を発見しました。

 

kampo

 

「花粉症漢方薬4,800円」と。

 

シーズン中に何度も通院することを思えば、漢方でコレはお得?

しかも漢方ってなかなか馴染みがないけれど、こんなふうにオープンに看板を出しているとなんだか入りやすいかも。

と期待を込めて、ビル2階のお店へ。

 

kampo

 

おぉ~、外からお店の中の様子がよく見えます。

美容室やネイルサロンのような華やかさがありながらも、穏やか雰囲気が伝わってきます。

 

kampo

 

なんとな~く思い描いていた漢方のお店のイメージと全然違う!!

お店の奥には漢方薬のもとになりそうな薬草類がぎっしり、壁側にはカラフルのパッケージの商品が並ぶオシャレな空間が広がっています。

 

なんだかいろいろ相談できそうな安心感にホッ。

店内をぐるっと眺めていたところ、試飲のお茶を淹れてくださいました。

漢方栄養士の古尾谷奈美さんに漢方のあれこれを聞いてみることに。

 

kampo

 

中目黒新聞

下の看板を見てフラッと入ってきたんですが、中目黒にこんなお店があったとは…

いつ頃からやっているお店なんですか?

 

古尾谷さん

もともと1976年に「薬草堂薬局」として創業したお店で、中目黒ではこの15年くらいですね。

2011年にリニューアルして、それまでは漢方相談を専門でやっていましたが、昨年からはこちらのオリジナルブレンド茶の販売なども始めました。

 

中目黒新聞

このかわいいパッケージはお茶だったんですね!

種類がいろいろあって手に取りやすいし、いわゆる“漢方”のイメージよりも手軽なかんじがします。

 

古尾谷さん

日常生活から健康に、食べ物から考えていこう

とすることが本当の根本治療になるというのが漢方の考えなんですね。

漢方薬だけでなく、普段の食事やお茶とかに取り入れることで日々の生活から正していくことが大切と思うんです。

体質や血液から変えていくことで病気になりにくい身体づくりができるので、漢方薬を一日や二日飲んで治るものではないんですね。

日々の生活で徐々にキレイにしていくことで婦人科系の病気になりにくくなったり、アレルギー体質や高血圧などが改善されると考えられます。

 

中目黒新聞

なるほど。日常生活で体質から変えていく・・・ それで花粉症も良くなるんですか?

 

古尾谷さん

“花粉症は治らない”とよく言われますが、漢方や東洋医学では確実に治している方をたくさん見てきているので

花粉症は改善できると断言できます。

ただ、時間はかかります。

体質改善から入るので、実際治っている方でも2年くらいはかかりますね。

 

中目黒新聞

具体的には、コレが効く!というか、どういう処方をするんですか?

 

古尾谷さん

花粉症に良いといわれる主軸の漢方薬があります。

まずは、もう出てしまった症状に対して30~40分で鼻水が止まるもの。

もう2点、体質改善として「虚実(きょじつ)」という体の弱い/強いなど、その人の体質によって処方するもの。

この3点でだいたい皆さん治していますね。

 

体質改善となるとこの3点が必要になりますが、今すぐ鼻水を止めたい!という方は、4000円台で鼻水がピタッと止まって眠気などの副作用がないものがあります。

 

中目黒新聞

それはお客さんとお話をしながら処方していく…というかんじなんですか?

 

古尾谷さん

そうですね、カウンセリングシートを使ってそれを見ながら導いていきます。

気になるところにマルを付けてもらって、更にご質問しながらその状態を詳しく診ていきます。

あとは漢方の問診というと、肌色・顔のツヤ・声の質などを診ながらお薬を出していますね。

たとえばAさんとBさんが同じ病名でも、体質が違えば出すお薬も人によって違います。

 

kampo

 

中目黒新聞

じゃあ、それぞれの人の様子や体質を見ながら処方するんですね~

他には普段の生活に取り入れられるような漢方はありますか?

 

古尾谷さん

お茶や薬草などは100種類以上あるんですけど、お料理に使える薬草なんかも扱っています。

薬のように定期的に飲むというかんじではなくて、食事から改善できるので自然なものですよね。

 

kampo

 

中目黒新聞

この「金針菜(きんしんさい)」、本格的な中華料理のメニューで見かけます!

スープや炒め物に入っているのを食べたことがありますが、キノコみたいな食感で美味しいんですよね~

こういうものを食材として販売しているのも“台所”というわけですか。

あとは漢方を日常的に…というと先ほど頂いたブレンド茶も良いですね。

 

kampo

 

古尾谷さん

お茶も症状に合わせてデトックスに良いもの、胃腸を元気にするもの、女性の婦人科系の方に良いお茶、食べ過ぎ・飲み過ぎの方のお茶など症状別におすすめしています。

 

今飲んで頂いているのが、一番人気のオレンジ色のパッケージ「台所漢方茶」です。

26種類の薬草をブレンドしていて、男性の方やお子様でも飲みやすいですね。

代謝を高めて、デトックスの効果もあります。

 

kampo

 

その他、気になるブレンド茶の一例をピックアップ。

★ルイボス&ミント茶(緑色):リラックス、鎮静効果のある薬草で気のめぐりを良くする

★お腹すっきり茶(朱色):便秘の方に。腸を活発に動かし、薬に頼らず便通を促す

★愛をこめて健康茶(ピンク):期間限定パッケージ。相手を思いやるギフトにオススメ!

 

 

古尾谷さん

「漢方薬だと苦いんじゃないかな…」「お金がかかりそうだな…」という方も、まずはお茶からでも良いと思います。

お茶で改善できればそれで良いし、お茶の緩やかな効果だと間に合わなそうだと思ったら初めて漢方薬を使っても良いですしね。

もともと女性のお客様がほとんどだったんですが、最近は健康に気をつかう男性、特に若い方も増えてきています。

 

kampo

 

終始やさしいトーンでお話し頂いた古尾谷さん、とても癒されました♪

本格的な漢方相談(カウンセリング30分、予約制)は無料というのも嬉しいポイント。

すぐに漢方薬処方!とはならずとも、ちょっとカラダに良いコトを取り入れてみようかな、日常生活も正さないとな…と姿勢がシャンとするかんじがしましたね(笑)

 

どこか悪くなったら治療する、薬を飲むという以前に、病気を防いで元気でいるのが一番!

そこで漢方が一役買ってくれるかもしれませんよ~

花粉症の処方はもちろん、春からの新習慣に取り入れてみるのはいかがでしょうか!

 

 

(ち)

 

 

台所漢方
住所:東京都目黒区東山1-3-3 アルス中目黒2F
電話:03-3794-4976
営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
HP:http://daidokorokampo.com/
Facebook:http://www.facebook.com/DAIDOKOROKAMPO

kampo

Share (facebook)