中目黒新聞は中目黒の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「hana-naya」三輪車でスマイル全開なフラワーLOVEなモバイル花屋さんに遭遇!

中目黒駅を挟んで南西側、駒沢通りの向こう側って今まであまり紹介できていないんですよね。

この日は絶好のお散歩日和ってことで、その方面を偵察をしに、中目黒と目黒の境界を目指して山手通りを散策していると・・・

hananaya

ん!?

何かがこちらに向かって走ってくる・・・

hananaya

屋台?

hananaya

リヤカー!?

hananaya

三輪車!

すごくかわいいっす!

しかも運転しているお兄さん、

めっちゃスマイル。

hananaya

中目黒新聞、我慢できずに声をかけその正体をうかがうと・・・

なんとお花屋さんとのこと。

たしかに三輪車の荷台はお花が満載。

hananaya

しかも、すぐそこに店舗があるということでお邪魔させていただくことに。

 

スマイルお兄さんが三輪車をお店の前に格納中。

hananaya

こちらが三輪車格納後のお花屋さん「hana-naya(ハナナヤ)」。

hananaya

ステキな雰囲気ですね~

 

今年の八月七日、ハナの日にオープンしたばかり。

そういえばかわいいお店が出来たな~、と気にはなっていたのですが、何屋さんなのかわからなかったんですよね。

 

店内に入ると切り花やミニブーケ、観葉植物、多肉植物など、それぞれこだわりのありそうな商品が出迎えてくれます。

hananaya

存在感抜群の大きなカウンターや、

hananaya

陳列棚などは手作りされたそう。

hananaya

裸電球の優しい光とお花に囲まれた店内はとっても心地よい空間です。

 

そして先程のスマイルお兄さんが「hana-naya」店主の白川さん。

hananaya

中目黒新聞
白川さん、「hana-naya」って名前、「ナ」が一個多い気がするんですけど、どんな由来なのですか?

白川さん

「花の納屋」を縮めて「ハナナヤ」なんです。

納屋って独特の魅力があると思うんですよね。
花屋の世界でいうと、生産者は収穫するとまず納屋にお花を置くということにちなんで、鮮度の高い商品を提供するという意気込みを込めています。

中目黒新聞
なるほど、なるほど。

白川さん
また、納屋っていろいろなものが雑多に置かれていて、家などに比べたら気軽に入れる場ですよね。
街の中でそんな存在になれたらな~、という想いもあるんですよね。

hananaya

中目黒新聞
ところで三輪車ですが、先程も乗られてましたし、ディスプレイ用ってわけでもないですよね?

白川さん
ええ、三輪車はお散歩用兼行商用です(笑)
ブーケや観葉植物などを載せて中目黒はもちろん、代官山や祐天寺のほうまで遠征することもあります。

中目黒新聞
へ~、ステキですね。
でも何でまたそういうスタイルでやろうと考えたのですか?

白川さん
花屋さんって、お祝いとかパーティとか、限られた場面でしか立ち寄らないよ、という方が多いと思うんですよね。
それで、お花を買う理由がなくても気軽に遊びに行けるような場・お店にしたいと思っているのですが、来ていただけないならこちらから行けばいいんじゃないかと発想しまして。

そして「モバイル花屋さん」のスタイルが誕生したんです。

中目黒新聞
なるほど、シンプルにアイデアを形にしたということですね。

白川さん
ええ、三輪車というスタイルにしたおかげで、モバイル販売中は意外なほど声をかけていただけるので、すごく楽しいんですよね。

中目黒新聞
だからさっきもスマイル全開でライドオンしてたんですね(笑)

白川さん
そんな笑ってましたか(笑)

hana-naya

中目黒新聞
全開です、今も(笑)

白川さん
それとモバイルといえば、こちらの商品オススメなんです。

hananaya

hana-nayaオリジナル フラワーホルダー 800円

 

白川さん
一輪の切り花なんかを挿して、バッグや自転車など、いろいろなところにくくりつけて、お花をモバイルできるんですよ。
もちろんお家やオフィスなんかでも、花瓶が置けないようなところでも工夫して使っていただけたら楽しいんじゃないかと思います。

中目黒新聞

モバイル花瓶ってことですね。

あれ、このクローバー、四葉ですか?

白川さん

はい、幸せを呼ぶ四葉のクローバーですよ。

中目黒新聞
これは買わずにいられないアイテムですね。

hananaya

四葉のクローバー 200円(一本)

 

実際にモバイル花瓶+四葉のクローバーを購入。

いろいろ試してみました。

 

こんなかんじでとか、

hananaya

こんなかんじとか、

hananaya

もちろんモバイル仕様もバッチリ。

hananaya

で、気付いたのですが、いろいろ試すこと自体が楽しいということを発見。

一輪しかセットできないという点もなんだか愛おしいような、癒されるような、イイ感じです。

さて、お店のお話しに戻ります。

 

 

中目黒新聞
あとさっきから気になってるのですが、このモダンなかんじの子。

hananaya

クラッスラー 神刀 2,800円 (鉢 1,000円)

 

白川さん
おっ、気づいちゃいましたか。
あまり見たことないと思うんですけど、あまり出回っていない多肉植物です。
デザイン的にもネーミングもユニークでいいでしょ(笑)

中目黒新聞
こういう見たことのないお花や植物との出会いっていいですよね。

白川さん
そう、癒されるじゃないですか。
なので、ホント気軽にふら~と立ち寄っていただいて、お花との出会いや発見を提供したり、お花との付き合い方を提案したいと思っているんです。

 

 

でおもむろにiPhoneを取りだし、白川さんの『花ライフ』な写真を見せていただいたのですが、とってもクリエイティブで真似したくなるかんじだったので写真をお借りしてご紹介。

 

「バラの実の飛び出すミラーフラワー」

hananaya

 

「バラジュリアのドアノブフラワー」

hananaya

 

「ダリアのシャンデリアフラワー」

hananaya

 

「レースの時計フラワー」

hananaya

 

「ミセバヤのリュックプランツ」

hananaya

 

「ハイビスカスのテールランプフラワー」

hananaya

なるほど、ちょっとした工夫、アイデアで一味違った楽しみ方ができるんですね。

そして、白川さんのお花への愛が伝わってきますね。

また、白川さんが目指していることが分かったような気がします。

難しい流儀とかそういうことではなく、もっとリラックスしてお花を楽しむライフスタイルを伝えて行きたい、そんな感じでしょうか。

そんな白川さん、その思いを形にする活動の一環として、近々ユニークな講義で知られる自由大学で講師を務められる予定があるそうです。

どんな講義になるんでしょうね、楽しみです。

 

取材中にはお客さんが入ってくるたび、お花の話題に花が咲き店内が賑やかに。

hana-naya

お花のある憩い場ですね。

そして「hana-naya」では、毎週木曜日の朝と夜に「フラワーレッスン」を開催しているそうですよ。

みんなでワイワイしながら店内のお花を使い、一味違ったアレンジを楽しむ。

お花が初めての方や男性、ベビー連れのママも大歓迎とのこと。

フランクでフラワーLOVEな白川さんのスマイルとお花たちに癒されに訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 hana-naya(ハナナヤ)
所在地:目黒区中目黒3-6-6 ディモーラ中目黒1F
電話:03-3792-8711
営業時間:11:00―20:00
定休日:火曜日
ブログ:http://blog.livedoor.jp/hananaya878/
HP:http://www.hana-naya.jp (準備中)


大きな地図で見る

Share (facebook)