中目黒新聞は中目黒の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「Sun2Diner」炭火で焼き上げる本格派ハンバーガー&クラフトビールを楽しめるアメリカンダイナーで陽気なひと時を。

師走に入り、仲間と集まってちょっと飲んじゃおうか!という機会も増えるシーズン。

今回はそんなラフな気分でも立ち寄れる良いカンジのスポットをご紹介。

そのお店は目黒銀座商店街のいちばん奥、突き当たりを目の前にして右手角にある「Sun2Diner」

Sun2Diner

星条旗と太陽サンサンなバーガー君が目印のアメリカンダイナー。

Sun2Diner

さてさて、お店の中はどんなかんじなんでしょうね。

早速扉を開けて中に入ってみると・・・

BGMでBEACH BOYSが流れているではありませんか。

気分は西海岸にトリップですよ。

店内は思った以上に広々としていて、ガラス張りのためか開放感を感じる空間が広がっています。

Sun2Diner

そして出迎えてくれたのは代表の田嶋大輔さん。

とっても優しい雰囲気の田嶋さんに、お店のあれこれを聞いちゃいました。

Sun2Diner

 

■オーナーのカリフォルニアでの経験がコンセプト

中目黒新聞
めぎん(目黒銀座商店街)の最奥の最終コーナーにあるので、結構目立つし前から気になっていたのですがオープンしたのいつ頃でしたっけ?

田嶋さん
オープンは2011年の7月ですね。
その前は三宿にあるFUNGO(サンドイッチとハンバーガーの専門店)で働いていて、このお店を出すために独立しました。

中目黒新聞
アメリカンテイストなお店にしたのには何か思い入れがあったんですか?

Sun2Diner

田嶋さん
20年くらい前にカリフォルニア州のサンディエゴにしばらく滞在していたことがあるんです。
カリフォルニアの空は真っ青で、暑いんだけど空気がカラッとしていて、パラソルがあるだけで日陰ができてすごく涼しいんですね。
そんな中でごはんを食べたりお酒を飲んだりするととても幸せな気分になって。
ゆっくりとした時間の流れや、人種が入り乱れているあの空気感もイメージしてお店づくりをしていますね。

中目黒新聞
なるほど、そう言われるとカリフォルニアなかんじがお店のいろいろなところに感じられますね。
そんな「Sun2Diner」のウリはやっぱり、ロゴマークにもあるハンバーバーですか?

田嶋さん
もちろんハンバーガーもなんですけど、炭火で焼いた肉料理全般やクラフトビールもおすすめしています。

Sun2Diner

 

■志賀高原ビールからカリフォルニアのIPAまで。常時10種類以上のクラフトビールをラインナップ!

中目黒新聞

クラフトビール、いいっすね~

それは早速一杯頂いちゃいたいですね~
おすすめの銘柄はありますか?

田嶋さん
ええ、まずはこちらのビールのメニューをご覧ください。

Sun2Diner

中目黒新聞
おっと、ビールが13種類もあるんですか?!

ん? この「TODAY’S TAP」のTAPって何ですか?

Sun2Diner

田嶋さん
TAPとはビールサーバーの注ぎ口のことでして、つまり

樽生ビールのことですね。

うちでは長野県の志賀高原ビールの樽を提供しています。

Sun2Diner

中目黒新聞

志賀高原ビール!

なかなかお目にかかれない印象がありますけど、生ビールもあるんですね。

田嶋さん
最近では扱っているところも増えてきましたが、志賀高原ビールを醸造している蔵元の玉村本店さんにはこだわりがあって、樽ごと保冷できる冷蔵庫がないと卸してくれないんですよ。

樽ごと冷やして酵母が生きた状態を保っているから美味しいというのが志賀高原ビールの特長です。
志賀高原ビールは日本のビールの中でもホップをふんだんに使っていて、香りも良くてアメリカンのクラフトビールに近いですね。

 

「自分たちが飲みたいビール」というコンセプトで志賀高原ビールを醸造する玉村本店は創業200年を越える老舗酒蔵。

その志賀高原ビールのTAPから注いで頂いた一杯がこちら!

 

Sun2Diner

志賀高原ビール AfPA(Africa Pale Ale) 350ml 650円

 

おやおや? 泡が少なくないですか?

中目黒新聞
すみませーん、画的にアレなんで、もうちょい泡を盛っていただいていいですか?

スタッフ永田さん(クラフトビール通)
これは泡を入れないものなんですよ。

中目黒新聞
えー!!

スタッフ永田さん(クラフトビール通)
IPA(インディアンペールエール)はあまり炭酸が強くないので、泡はそんなに入れずに香りを楽しむものなんですよ。

 

なるほど、恐るべしクラフトビール、これは奥が深そうですね。

早速ひと口頂いてみると、鼻孔を抜けていくホップの芳醇な香りにまず惹きつけられます。

程良い苦みがビールを楽しむにはちょうど良く、クリアな口当たりでごくごく飲めてしまいますよ。

さらに、ボトルのほうでもオススメを選んでもらうことに。

Sun2Diner

スタッフの永田さんが真剣な眼差しで眺めるショーケースにはカラフルで個性的なデザインのボトルがぎっしり。

この際ラベルで選んじゃうのもアリですね!

Sun2Diner

そして数あるボトルのクラフトビールからオススメして頂いたのがこちら。

Sun2Diner

GREEN FLASH BREWING(WEST COAST IPA) 1,200円

 

こちらはフルーティーで豊かな香りが女性好みかも。

クラフトビールってもっとクセがあると思っていましたが、こちらは思いのほか飲みやすい!

IPAはホップがふんだんに使われていて、ホップの量や種類によって変わる味や風味を楽しむものなんだそうです。

Sun2Dinerではカリフォルニアを中心としたボトルのクラフトビールがたくさん用意されているので、いろいろ飲み比べてみてはいかがでしょうか。

 

ビールと一緒に楽しみたいお料理ももちろん選んで頂きました。

オススメとして田嶋さんが最初にピックアップしてくれたのが、こちらのナチョス。

Sun2Diner

Sun2Diner オリジナル ナチョス 1,100円

 

コーントルティーヤにチリビーンズ、チーズ、サルサ、サワークリームがたっぷりと♪

Sun2Diner

このサクッとした食感、やめられませんわー。

見た目以上にかなりボリュームもあって、これだけでお腹が一杯になってしまうところでした。

食欲をそそりつつ、後からクル辛さにビールがどんどん進んじゃいます。

 

田嶋さん
サンディエゴに住んでいた時はすぐ南がメキシコに接しているので、メキシコ人とも付き合いが多かったんです。
現地で食べていたものにもメキシカンなテイストが入っていた印象が強く残っていて、そういうことも含めてリアルなアメリカンなかんじを楽しんでもらいたいです。

 

■ボリューム満点の肉料理もマストでオーダーを!

やはりSun2Diner自慢の肉料理は味わっておかねば!

ということで、炭火で焼き上げるキッチンの様子も見せて頂きながらお話の続きを。

Sun2Diner

田嶋さん
肉料理やハンバーガーのパティはオーダーが入ってから炭火で焼き上げています。
火加減の調整や炭を足すタイミングも難しいんですが、直火ならではの味わいや食感に違いが出てくるので気を遣いますね。

中目黒新聞
しかし、ず~っと炭焼いてるってことは、夏とか厨房ヤバそうですね。

田嶋さん
そうなんですよ~(泣)
でも、炭火焼きの美味しさを皆さんに味わってもらいたいので、これは譲れないんですよね~

 

そんなこだわりお兄さん田嶋さんオススメの肉料理はコチラ、ポークチョップ!

Sun2Diner

岩中豚 骨付きロース肉の炭火焼き 300g 1,650円

 

かなりデカイです!

カリフォルニアのダイナーで出てくるようなイメージのメニューというだけあります!

骨付きでボリュームたっぷり、見るからにワイルドな逸品からは、炭火で焼き上げたいい香りが漂ってきますよ♪

ジューシー感もしっかりあって、ナイフがスッと入って柔らか~い!

Sun2Diner

この分厚い切り口!!

噛むとジュワ~ッと肉汁が広がるんですが、重たすぎず意外なほどの食べ易さ。

分厚くて、ジューシーで、肉のうま味凝縮だけどライト。

お肉はちょっぴりもたれがちな中目黒新聞も、ペロリと食べちゃいましたよ。

 

 

■極め付けはやっぱりハンバーガー!

そしてついにやってきました!

コレが食べたかった~

Sun2Dinerのハンバーガー!!

 

田嶋さんのオススメ、人気の「ベーコンチーズバーガー+パティをもう1枚追加」をスペシャルオーダーで作って頂きました!

Sun2Diner

ベーコンチーズバーガー+パティ 1,850円

 

たまりませんね、この素材と彩りのバランスが完璧なビジュアル。

食らいつきたい衝動を抑えてでも、いったん細部まで凝視してしまいたくなります。

Sun2Diner

しかしかなりワイルドなサイズなので、食べやすいように縦半分にカットしていただきます。

Sun2Diner

圧巻の断面はこんなかんじ。

Sun2Diner

ひと口でガブッといくにはアゴが外れてしまいそうな標高。

いったい何階建てなんでしょ~、ってことで確認。

ふっくら焼き目の入ったバンズ(蓋)

お肉のうま味たっぷりビーフ100%パティ(1)

とろ~りスモークチーズ

自家製特大ベーコン

お肉のうま味たっぷりビーフ100%パティ(2)

アクセントを効かせるピクルス

甘みたっぷりグリルドオニオン

フレッシュトマト

シャキシャキレタス

ふわふわバンズ(土台)

はい、なんと10階建ての高層バーガーということが判明。

そしていよいよかぶりつきます!

がぶり! もぐもぐもぐもぐ・・・  !!!

美味し~ぃ!

パティはお肉の塊を包丁でカットするところから成形しているので、肉の印象がしっかり。

特にUSビーフは、日本のビーフのようにサシ(脂)がたくさん入っているものとは違い量も食べられるので、パティWで注文される方も多いそうです。

噛みごたえもしっかりある肉のうま味しっかりのパティに、香り豊かな自家製特大ベーコン、フレッシュ野菜はシャキシャキで、チーズの香りとバンズのふわっと感と混じり合い、絶妙のハーモニーを奏でます!

これは通いたくなる本格バーガー発見ですね。

そして付け合わせのフライドポテトも美味しいんです!

オーダーが入ってから、フレッシュなじゃがいもをボイルして揚げているそうで、さっくりハフハフ。

細部にまで余念のないこだわりように脱帽です!

 

■気軽に、陽気に楽しめるお店として。

中目黒新聞
最後に、Sun2Dinerというお店の名前に込めた想いを教えてもらえますか?

田嶋さん
僕には二人の息子がいるんですが、二人とも太陽にちなんだ名前を付けていることから「Sun 2 Diner」という名前にしたんですね。

Sun2Diner

中目黒新聞
へ~、サン(太陽)に、サン(息子)とか、いろいろな想いも詰まったネーミングなんですね。
しかも、すごく陽気な響きの名前でステキです。

田嶋さん
ちょうどお店をやろうと決めたのが震災直後だったので、周りにはすごく反対されたんです。
実は開業するための物件探しや準備は随分前からやっていて、仕事も辞めていたので、今やらなくていつやるんだと考え、いい意味で開き直りました。
そういう時期だったこともあり、「ポジティブなイメージのお店にしたい」と考えていたので、自然とネーミングにも反映されたのかもしれません。
心地良い空間に人が集まり、美味しいものを食べたり飲んだりしながらリラックスして楽しめる、そんなお店にしていきたいと思っています。

 

インパクトある美味しいお料理やクラフトビール、そしてこだわりと心意気たっぷりなオーナーのいるSun2Diner。

食べる、飲む、を楽しむのはもちろん、愉快な仲間と集う場所としてもチェックしておきたいお店です!

Sun2Diner

さて、今回も中目黒新聞読者の方へ「特典」をご用意いただきました!

貴重な「クラフトビールタップ(志賀高原ビール生) 250ml」を、なんと、

¥650→¥400 約40% OFF!

※ディナータイムに限る/~2013年12月末まで/お一人様1杯

是非この機会にTAPもお肉もバーガーも!

 

 

Sun2Diner
所在地:東京都目黒区上目黒2-43-11 小川ビル1F
電話:03-5724-3330
営業時間:月~金 11:00~15:00/17:00~23:00 (LO 22:30)  土日祝 11:00~23:00 (LO 22:30)
定休日:不定休
HP:http://sun2diner.com/
Facebook:http://www.facebook.com/pages/sun2diner/255908087756628


大きな地図で見る

Share (facebook)