中目黒新聞は中目黒の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「小梅」中目黒駅徒歩1分、気軽に美味しいヘルシーなワインとおばんさいが楽しめます。

夜、中目黒駅待ち合わせでちょっと早く着いてしまい時間調整したい時、その隙に一杯飲んじゃいたい中目黒新聞は、中目黒駅至近の「小梅」でおばんさいとビールをいただくのが最近のお気に入りパターン。

koume

外からも分かるようにカウンター席は4席と、一見するとコンパクトなお店。

ところがまだあまり知られていないようですが、

2階と3階もあるんですよ~

2階は4~5名用のテーブル席となっており、3階は3名までのソファー席で基本的に要予約のコース料理となります。

 

さて、これまで一杯だけというかんじで使わせていただいていたのですが、今回はお腹一杯になるまで女将さんのお料理を堪能しちゃおうということでお邪魔してきました。

 

いつもどおり優しく出迎えてくださる女将さんと旦那さんの福田さんご夫妻。

koume

お二人にお会いするだけで既にほっこりな気分になってしまいます。

 

カウンターにはいつも美味しそうなお料理が大皿に盛り付けられています。

koume

 

まずはおすすめのワインをグラスでいただきます。

koume

ソーヴィニヨン・コリオ/ヴィラ・ルシッツ(伊) グラス 1,000円

 

シャープですっきりした味わいでフルーティなかんじもする飲みやすいワインです。

ヴィラ・ルシッツは白ワインの醸造に適した土地として有名なんですって。

 

ワインと一緒にお通しも登場。

koume

この日は「特製きんぴらごぼう」と「焼き海苔」です。

「小梅」の海苔は一味違うんです。

女将さんの生家が老舗の海苔問屋を営んでいることもあり、生産者から直接仕入れ、自前で焼いたものを使われているとのこと。

食してみるとパリっとしていて、海の風味が香り美味しい。

ちなみに海苔って美容によいビタミンや消化器官に優しい食物繊維が豊富だったり、と栄養的に優れた食べ物なんだそうです。

しかもカロリーは超低いという、安心して食べられる食品なんですね。

 

そして箸を取ってきんぴらをいただきます。 ん?

チャーミングな箸置き。

koume

お客さんを笑顔でお出迎えしたいというメッセージが込められた特注品。

つい頬がゆるんじゃいます。

 

中目黒新聞
ところで女将さん、「小梅」さんの業態というかお料理の種類ってどう表現したらいいんですか?

女将さん
そうですね、一言で言うと「ワインとおばんさい」ですけど、もう少し付け足すとしたら、こだわり素材に和心テイストとイタリアンテーストを加えた創作料理、というかんじかしら。

中目黒新聞
むむむっ、分かったような気もしましたが完全には理解できなかったです。

女将さん
そうですよね、私も毎日試行錯誤している最中ですから(笑)
でも、体に優しい、美味しいお食事とお酒を提供し、お客さんがほっとして楽しめる空間にしたいという想いが原点にあります。

koume

中目黒新聞
なるほどですね。
元々お店始める前は女将さんどんなことされていたのですか?

女将さん
食に関するいろいろな事をしてきているんですよ。
お料理教室やセミナーを開いたり、健康レシピを紹介する本も出版しています。

中目黒新聞
へ~、そうなんですね。
なんでまたお店を始められたのですか?

女将さん
実家が海苔問屋だったこともあり、海苔はもちろん、無農薬無化学肥料栽培のお米や野菜、もろみ酢などを卸販売するお仕事を元々やっていまして、いろいろな小売店や飲食店などに卸しているのですが、やはり直接お伝えする場がほしいとずっと思っていたのです。

中目黒新聞
ほ~、では「小梅」でいただけるお食事の素材はそういった体に優しいものばかりなんですね。

女将さん
はい、体によいものを食べていただき、心も体も元気になっていただきたいですね。

 

 

と、いろいろお話をしていただきながら一品目のお料理を出していただきます。

koume

蒸し鶏とクラゲの中華和え 500円

 

絶妙の甘酸っぱさが体に染み渡ります。

続けて二品目。

koume

九条ネギの柚子風味みそ和え 600円

 

九条ネギの香りと柚子の風味がこれまた絶妙に絡み合います。

立て続けに三品目。

koume

湯引きマグロの柚子しょうゆ、みょうがと大葉添え 800円

 

ふんわりとしたマグロと薬味の相性が抜群です。

それにしても美味しいだけでなく、器とか盛りつけとか、とっても上品できれいなことについつい感心してしまいます。

 

そして生もの大好き中目黒新聞お待ちかねのお刺身が登場!

koume

本日の刺身盛り合わせ 4種 1,800円~

 

甘エビに、サーモン、イカ、

そして注目は単品のメニューにも入っている大トロ〆サバ!

koume

ん~、トロける~、幸せ!

〆サバってお店によっていろいろですが、〆具合といい、厚みといい、好みなかんじです。

 

お魚の次はお肉もいただいちゃいます。

koume

黒毛和牛カルビ焼き 小梅風 1,200円

 

お肉は柔らかく、カルビ特有の脂が程良いのでサラリといただけます。

 

そして締めはごはんもの。

「季節のごはん」と「おにぎり」で激悩みます・・・

 

う~ん、う~ん、う~ん・・・

 

 

 

 

 

 

 

「ど、どっちもください!」

 

はい、予想通りのオチでしたね。

 

まずはおにぎりをいただきます。

koume

おにぎり(漬け物付) 一個300円

 

ふわっと握られた有機米とこだわり海苔のコンビネーションがたまりません。

こんなにたくさん食べられるかしら?という不安をよそに完食!

 

そして「季節のごはん」

koume

季節のごはん/タケノコとジャコ、木の芽 混ぜごはん(おかず、お吸物、デザート付) 1,000円

 

炊きたてほくほくご飯にタケノコの香りがたまりません。

セットのお吸物とあわせて、心も体も温まります。

koume

 

最後にデザートの「桜アイス」をいただきました。

koume

 

さすがにお腹いっぱい大満足です~

厳選素材を使った心のこもったお料理を気軽にいただけるなんて、中目黒ピープルはラッキーですね。

女将さんも旦那さんもいつも優しく出迎えてくれるので、お一人でもグループでも気軽に立ち寄って、体に優しく美味しいお料理とお酒を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

小梅
所在地:東京都目黒区上目黒1-20-10
電話:03-6412-8872
営業時間:18:00-24:00
定休日:水曜日
※3Fソファー席はコース料理の事前予約制
※6/12~6/24はお休み

koume

 

Share (facebook)