中目黒新聞は中目黒の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「ギャラリー比企 produced by Picaresque」若手アーティストの作品を中心に取り扱う週末限定ギャラリー。

週末限定のちょっと変わったギャラリーがオープンしたという情報を得た中目黒新聞、早速訪問してまいりました。

場所はめぎんの奥、前々回ご紹介した「ALTAGRACIA」のはす向かい。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

もともと「ギャラリー比企」という画廊があるところですね。

外から覗くとホワイトキューブな一般的なギャラリーのイメージとはちょっと違うかんじです。

とりあえず中に入ってみると、壁面には様々な絵画が掛っていたり、器やカードなどもたくさんありますね。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

ギャラリー比企 produced by Picaresque

ギャラリー比企 produced by Picaresque

ギャラリー比企 produced by Picaresque

ギャラリー比企 produced by Picaresque

う~ん、アートを観賞する自分に酔いそうなちょっと高揚したいい気分。

ん? クンクン。

なんかいいニオイがしますけど・・・ と、振り向くと、

 

 

 

 

 

ギャラリー比企 produced by Picaresque

家族団欒?

「鍋」つついてますよ!?

一体どうなっての?と、戸惑う中目黒新聞に声をかけてくれたのが詩美さん。

「こんにちは、よろしければご一緒にどうですか?」

え? ギャラリーに来たのに、いきなり知らない人と鍋とはハードル高っ!

でもその場の空気にのまれ、「はぁ、では」と着席し、とりあえずビールをいただくことに。

 

中目黒新聞
あの~、今日はギャラリー休業でしたかね?

詩美さん
いえ、営業中ですよ(笑)
今日は展示している作品のアーティストさんと懇親というか、平たくいうと飲み会しようってことでこうしてやっちゃってます。

中目黒新聞
でもお客さん来ますよね?

詩美さん
はい、そうしたらご一緒にどうですか?とお誘いします。

中目黒新聞
ギャラリーってそういうところでしたっけ?

詩美さん
そういうギャラリーがあってもいいかなと思い、試しているところです。
静かじゃない、ワイワイお話ししながら、リラックスして作品も楽しめる、そんなお家みたいな場にしたいんですよね。

中目黒新聞
ほ~、なるほどですね~

ギャラリー比企 produced by Picaresque

 

ここで詩美さん以外の参加者の方をご紹介。

あべせいじさんは平面の作品をつくられているアーティスト。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

 

こちらは立体の作品に取り組むアーティスト、峯靖晃さん。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

 

そして、こちらは詩美さんの恩師でギャラリーのお客様でもある、みんなの人生のパイセン、平沼さん。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

すでにほろ酔いのご様子です(笑)

今日のお酒やおつまみは平沼さんが東急ストアまで買い出しに行ってくれるという、大変恐縮な状況の中、お鍋を囲みながら、作品づくりのことやギャラリーの今後、昔話などに花が咲いております。

平沼さんによる恋愛や仕事のお話に加え、ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番と第3番のお話等、深い~お話を聞かせていただき、大変勉強になりました。

アーティスト本人やたまたま居合わせた方と一緒に作品についてはもちろん、いろいろなことをあーだこーだ話せるって、ちょっと楽しいかもです。

 

こちらのギャラリー、詩美さんが主宰するPicaresque(ピカレスク)という若手アーティスト支援団体に参加しているアーティストの作品展示を行っているとのこと。

ギャラリー比企さんより、週末だけ貸してもらい、金・土・日は、

「ギャラリー比企 produced by Picaresque」

というギャラリーとして運営しているそうです。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

Picaresqueはこれまで、若手アーティストの作品を集め住宅を活用し発信する展覧会「ウチコレ」を地方の各地で展開。

今後当面は、中目黒のギャラリー兼ショップを拠点に、その活動を新たなステージに進めていきたいそうです。

 

中目黒新聞
ところでPicaresqueに所属しているアーティストの方とか作品の数ってどれくらいなんですか?

詩美さん
はい、現在13名おりまして、作品・商品数は1,000点くらいあります。

中目黒新聞

え~、1,000点も!

詩美さん
はい、絵画や彫刻は50点ほどで、雑貨、器、ジュエリー、カードなど、細かいものまで合わせると結構な数になるんですよね。

中目黒新聞
どうやってアーティストや作品を発掘しているんですか?

詩美さん
お休みの日はインプットに使うと決めていて、とにかくいろいろな展示やイベントを観に行き、作品やアーティストと出会っています。

中目黒新聞
その選定はどういった視点でされているのですか?

詩美さん

簡単に言うと「自分基準ですね」(笑)

人に贈りたいと思えるとか、自分が最期を迎えた時に観たいと思うか、といった感覚的な部分が大きいですね。
アカデミックな視点で計ることも必要だと思いますが、Picaresqueとして大切にしているのはあくまでも若手アーティスト支援なので、ステキだなという感覚を大事にしています。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

 

さて、折角ですので若手アーティストのお二人にもインタビュー。

まずはあべせいじさんにうかがいました。

中目黒新聞
あべさんの作品はこちらの連作になっているような、お星様シリーズですね。

あべさん
はい、これ全部星座をモチーフに描いた作品です。
今年で4回目になるのですが、毎年夏に仲間と二人展をやっておりまして、今年は星座の作品を30点ほど展示しました。

中目黒新聞
なんだかカワイイくて、場所を選ばず飾れそうでステキです!
しかし星座っていろいろあるんですね、これは?

ギャラリー比企 produced by Picaresque

あべさん

カメレオン座です、うふふふ。

中目黒新聞
カメレオン座? そんなのホントにあるんですか? それとも空想ですか?

あべさん
うふふふ、本当にあるんですよ~、これが。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

中目黒新聞
へ~、そうなんですね。
しかし、宇宙の部分の小さい星たちを表現してる部分とか、変わった風合いですね?

あべさん
うふふふ、気付きました?
星は蓄光塗料を使用しているんですよ。
暗くすると星座が浮かび上がる仕掛けでして、個展をしたギャラリーがライトを点けたり消したりもできる自由度の高いところだったので、二面性のある作品に挑戦してみたんです。

中目黒新聞
へ~、おもしろいですね。
っていうか、あべさん、ずっと楽しそうですね~、こっちまでハッピーな気持ちなってきましたよ、ありがとうございます!

ギャラリー比企 produced by Picaresque

 

さて、続いてはつづいては峯靖晃さんにお話をうかがいます。

って、あれ?

寝ちゃってました? 峯さ~ん!

ギャラリー比企 produced by Picaresque

峯さん
おっとっと~、スイマセン、ちょっと考え事を。

中目黒新聞
しょうがないな~、では作品のそばでお話うかがってよいですか?

峯さん
あ、はい。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

中目黒新聞
なんか、ス、スゴイ・・・
峯さん、ものすごい存在感のある作品ですね?
いろいろ聞いてみたいけど、聞いちゃいけないような・・・

峯さん

・・・・・・

ギャラリー比企 produced by Picaresque

中目黒新聞
うそ~ん! 立ち寝?
分かりました、こちらの作品「fish man」についていろいろ聞くのは止めにします。
ざっくりですけど普段どんなかんじの作品を制作されているのですか?

峯さん
今は生き物をテーマにした作品をつくっています。

中目黒新聞
どんなことを考えながらつくっていくのでしょうか?

峯さん
まずこれをつくりたいというモチーフありきでスタートし、生命現象がどうだとか、代謝がどうだとか、そういったことを作業プロセスとしてトレースしているようなイメージです。

中目黒新聞
なるほど~、解りたいけど難解で解りませんっ。
でも峯さんに言われると妙に納得できちゃうんですよね~

って、あ!

ギャラリー比企 produced by Picaresque

峯さん
ウソです、まぶたの開閉の調子を確かめていただけです(笑)

ギャラリー比企 produced by Picaresque

つかみどころが無い&お茶目な峯さん、ありがとうございました!

 

こんなステキなアーティストさん達を支援する詩美さん率いるPicaresqueですが、

今月よりステキな新サービスを始めたそうです。

その名も「アトカリ

ギャラリー比企 produced by Picaresque

なんとアートをレンタルできちゃうサービス。

Picaresque所蔵の対象作品を1点1カ月3,000円からレンタルできる予定だそうです。

目黒区内であれば作品配送、設置費が無料。

毎月定期的に作品を取り替えるなんていうこともできるので、ご自宅はもちろん、オフィスやお店などでも重宝しそうなサービスですね。

みなさんのいつもの空間を、気軽にアートのあるスペースに。できるという「アトカリ」

既にこんなかんじでお客様のお家で飾られているそうです。

Picaresque

 

最後に「アトカリ」の対象作品も含めPicaresqueの作品をいくつかご紹介。

まずは、網戸をに刺繍を施したという不思議な作品。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

山か島のくに” 立原真理子 86×58×奥行き1cm 網戸、刺繍糸 120,000円 [アトカリ対象作品]

 

網の向こう側が透けているので、飾る場所によっていろいろな観賞の仕方がありそうですね。

それにしても、不思議な趣を感じる作品です。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

 

こちらはとてもキレイな色彩の繊細な水彩の作品。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

“惑星01” 武 盾一郎(Take Junichiro) 紙、ボールペン、水彩 50,000円 [アトカリ対象作品]

 

そしてお次はこちらの大きな作品。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

“Real FantASIA 04” 武 盾一郎(Take Junichiro) 紙、ペン 250,000円 [アトカリ対象外]

 

アーティストの世界観爆発と言ったかんじの迫力ある作品です。

近づいて観ると、その描き込み具合が凄くて圧倒されてしましました。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

 

お次はコケシちゃんです。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

こけし あべせいじ 石粉粘土 (大:高さ約14.5cm)2,400円 (中:高さ約9cm)2,200円 (小:高さ約5cm)1,200円 [アトカリ対象外]

※アーティストが一個一個石粉粘土をこねて制作しているため、サイズにはわずかな差があります。

 

こけしファミリーそれぞれの表情をじ~っと観察していると、ほっこりした気持ちになってしまいます。

 

お次はアクセサリー。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

ごちそうペンダント 森岡慎也 3,800円 [アトカリ対象外]

こむすびペンダント:1×1×0.5cm 白大理石、黒大理石、チェーン

こむすびペンダント-ハート-:1×1×0.5cm ピンク大理石、黒大理石、チェーン

こむすびペンダント-梅干し:1×1×0.5cm 白大理石、めのう、チェーン

ソフトクリームペンダント:3.5×0.5×0.5cm 白大理石、黄大理石(右)、ピンク大理石、黄大理石(右)、チェーン

 

すごくちっちゃいかわいいオムスビとソフトクリームがチャームになったネックレス。

素材はなんと大理石なんですって!

色の違う大理石を組み合わせているという、信じられない凄技でつくられているんです。

ギャラリー比企 produced by Picaresque

 

他にもいろいろな魅力ある作品が満載の「ギャラリー比企 produced by Picaresque」

気軽に遊び行けて、若手アーティストのエネルギーを感じられる要チェックな新スポットがオープンしているのは金土日の週末限定ですが、是非気軽に立ち寄ってみてください。

アートとの新たな出会いが気軽に楽しめると思いますよ。

 

 

ギャラリー比企 produced by Picaresque
所在地:東京都目黒区上目黒2-47-13
TEL:070-5273-9561
営業時間:金土日 13:00-20:00
HP:http://gallerypicaresque.jimdo.com/
Picaresque Facebook:https://www.facebook.com/picaresquejpn


大きな地図で見る

Share (facebook)