中目黒新聞は中目黒の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

☆2013年 中目黒新聞ダイジェスト☆

今年も残りあとわずか。

皆さんはどんな一年を過ごされましたか?

今年最後の記事は、中目黒新聞の2013年の記事をダイジェストでご紹介

この一年を振り返りながら、みなさんにもう一度読んでいただきた、知っていただきたいオススメの記事、お店などの情報を改めてご紹介。

その中でも各月の代表的な記事、

MVR(most valuable report)」

を選出したいと思います。

それでは早速1月から。

 

1月

世間では林修先生の「今でしょ!」が大流行し、中目黒を舞台にしたテレビドラマ「最高の離婚」がスタート。

2013年最初の記事『初詣のススメ。 「中目黒八幡神社の紹介」&「参拝ハウツー」』は、毎年この時期、初詣の参考にしていただきたい記事。

ハニー珈琲15351(現 PARKING COFFEE × CACAO WORKS)では、前編後編に分けて、『カカオ豆の焙煎からの、チョコレート作りワークショップ』の様子をご紹介しました。

そして1月のMVRはコチラ。

再オープン! いい意味でなんだか怪しさ漂うモノづくりのアジト「SHED THAT ROARED」

SHED THAT ROARED

銀行強盗用カバン(?)や超デカイトートバッグなど、ユニークなバッグや雑貨を生みだしているショップ兼アトリエ「SHED THAT ROARED(ガヤガヤと騒々しい小屋)」は、まるでモノ作りのアジトのような雰囲気で、ちょっとドギマギしちゃいました。

 

2月

ロシアに巨大隕石が落下し、ワイドショーではオセロ中島さんの洗脳騒動やパソコン遠隔操作事件でもちきりだったこの時期、中目黒には今でも注目度の高い飲食店が相次いでオープン。

グルメポップコーン日本初上陸の「HillValley POPCORN FACTORY & SHOP」や、目黒川沿いの民家を改装した旬野菜の鉄板焼きレストラン「N_1221」、練りたて、茹でたて、炒めたてのモッチモチスパゲティの「関谷スパゲティ」など、今では中目黒を代表するお店と言っても過言ではないのではないでしょうか?

そんな中、MVRは飲食店ではなくコチラ。

「tshirt.co.jp」中目黒に年間ゥン十万枚のTシャツをサバく「Tシャツ大魔神」がいた。常時 数千枚の無地Tシャツをラインナップし様々なオーダープリントが可能!

tshirt.co.jp

無地Tシャツを数千枚ラインナップする無地Tシャツ専門店「tshirt.co.jp」のショップ兼ショールームで、Tシャツ大魔神が大暴れ(笑)

取材中、いつの間にか中目黒新聞Tシャツを作ってくれちゃうというスーパーなサービス精神に感動しました。

 

3月

安倍総理がTPP参加を表明し、後にバズーカを発射する黒田日銀総裁が誕生。

春を目前にあれっ景気よくなっちゃうの、というちょっと明るい気分が世間に浸透してきたこの時期。

初のスポーツ系記事「目黒川沿いを走る、おすすめジョギングコース 2.5km」や、タップダンス界のカリスマ熊谷和徳さんが主宰するスタジオ「KAZ TAP STUDIO」、中目黒新聞がいろいろな意味でお世話になっている、ファンキーなのにアットホームなCafe & Bar「Square hedges」を紹介しました。

そして今年の3月といえば、例年より2週間も早く到来した桜前線。

MVRはコチラ。

「中目黒の桜へカヌーでGO!」 目黒川をカヌーでスイ~っとしながら桜を動画で紹介したい、という企画。

中目黒の桜へカヌーでGO!

目黒川の川面から桜を見上げる映像をお届けしようという企画を前編後編に分けて詳細レポート。

「よくやった!」とか「伝説つくったね」「頭おかしい」など、嬉しい反響をいただいたお花見企画でしたが、来年のアイデアがサッパリうかんでいないのが今から不安です・・・

 

4月

「じぇじぇじぇ」で世間を席巻した連ドラ「あまちゃん」がスタートした4月。

中目黒新聞のFacebookページのいいね!が1,000を突破し、読者の皆さんと集う会「ナカメサロン」をNAKAMEGURO NIGHT PARKで開催し、二次会は当時ナカメ唯一のオイスターバー「2VINTHEO(ニヴァンテオ)」で新鮮・ぷりっぷり生牡蠣を大満喫

また、「いいの?」なサービス連発のセレクトショップ「Tam」は、その後深夜にお客様が殺到したとかしないとか。

そんな4月のMVRは、

中目黒 発のナチュラルドリンク「Just Mate」がイイ感じ! 販売元のジャストアナザドリンクを訪問。

Just Mate

中目黒にあるオシャレカンパニーが開発・販売している「Just Mate」は、中目黒を中心に都内のイケてるお店だけが取り扱うナチュラルエナジードリンク。

かなり早い時期に紹介したのですが、最近は雑誌などでもよく紹介される、中目黒の新定番ブランドです。

 

5月

ミスターとゴジラ松井さんが国民栄誉賞を受賞し、三浦雄一郎さんが80歳でエベレスト登頂に成功、日経平均株価が5年5か月ぶりに1万5,600円台を回復と、もうグッドニュース目白押しでしたね。

5月は、ちょっとアートなプレゼント屋さん「potlatch」中目黒のショップでデザインされているオリジナルブランドがステキなセレクトショップ「Output」超デッカイ古代魚が泳ぐ水族館BAR「Granship」など、ちょっと通なお店を紹介しました。

そんな中MVRとさせていただいたのはコチラ。

中目黒めぎんにローカルPUB『イエ モルトハウス』が登場!

イエ モルトハウス

取材したのはオープンしたての頃で、今では看板がついたり、本場から取り寄せたという街灯がついたり、プロジェクターがついたり、どんどんアップグレードされている「イエ モルトハウス」は、ロンドンのパブのようなPUBLICな雰囲気がたまりません。

 

6月

富士山が世界文化遺産に登録、そしてサッカー日本代表がW杯ブラジル大会出場を決定。

誇らしい出来事で日本中が歓喜しましたが、渋谷のDJポリスにも感動しました。

6月は新店を立て続けに取材、あの味が忘れられない、上質なお肉が食べたくてシカタない! そんな時は、卸問屋直営「焼肉鍋問屋 志方」や、この寒い時期にいただきたい上品な韓国料理『和韓・石鍋「若狭」』、あのポタジエの新業態Potager MARCHE(ポタジエ マルシェ)ではオーナーパティシエの柿沢 安耶さんに貴重なお話をうかがいました。

そしてMVRも飲食店より選出。

一度は行っておきたい「燻製アパートメント」 洗練されたこだわりのスモークが素敵な時間を演出。

燻製アパートメント

みんなが気になっていたランキング上位の燻製アパートメントでは、上品で繊細な様々な燻製料理が楽しめ、燻製ビールまでラインナップ。

独特のセンスが光るお店、お料理、そしてスタッフの皆さんはとてもステキで、いろいろなものを燻製して食してみるという実験までさせていただきました。

 

7月

とてつもない猛暑だった今年の夏、目黒川も何度かサイレンが鳴るほど大雨に見舞われ、各地で被害のでる集中豪雨が多かったですね。

英国ではロイヤルベビー ジョージ王子が誕生し、ツイッターによるバイトテロなども話題になりました。

その頃中目黒新聞は、サードウェーブなコーヒーショップ「PARKING COFFEE × CACAO WORKS」“編む”と”結ぶ”でいろんなものを繋ぐ『Knit and Knot』のオープンをお知らせし、中目黒新聞2,000いいね!を記念し、ミート&ベーカリーレストラン「TAVERN」のコース料理プレゼントキャンペーンをTAVERNさんのご厚意をいただき実施。

さて、そんな7月のMVRは、

ママンの味をプロのレシピで。 フレキシブルなスタイルのイタリアン「REGIONALE(レジョナーレ)」が中目黒に登場。

REGIONALE

フォアグラまで出てきちゃうクオリティ抜群の「おまかせコース」がたったの3,500円という設定に驚愕させられたREGIONALE。

美人さんがお店で焼いてるパンや美人さんがその日オススメの食材でアレンジしてくれるスパゲティは絶品、そしてこだわり満載のオーナーのご自慢であるシャレの効いた内装のタイルは必見。

最近水曜日は立ち飲みもやっているそうですよ。

 

8月

猛暑を超え酷暑になった8月、四万十市では12日、国内観測史上最高の41.0度を記録、イチロー選手が4,000本安打達成、アメリカでは有力紙ワシントン・ポスト社がアマゾン・ドット・コムCEOジェフ・ベゾス氏に、新聞事業を2億5,000万ドルで売却すると発表がありました。

ベゾスさん、中目黒新聞にも資金提供お願いしまーす。

さて、8月は取材に行くのも命がけなくらい暑過ぎて、記事の更新がペースダウン。

それでも自由過ぎてアットホームで笑いの絶えない「カレー屋アカマル」では、もっと暑い厨房で孤軍奮闘する店主のユーモアに抱腹絶倒し、長いアプローチを抜けると、そこは島じかん!?琉球モダンな大人の隠れ家 和琉ダイニング「あんのん」では、美味しい会席料理と上質な島時間を存分に堪能させていただきました。

そしてMVRはコチラ。

ナカメの住宅街で出会うおいしさとくつろぎ。隠れ家どころか隠れ過ぎな「路地裏酒場 青CORNER」

青コーナー

隠れ家とはこのことな路地裏酒場は隠れ過ぎではないかという反響を多数いただきました。

飲んでよし、食べてよし、しゃべってよし、スタッフよし、お客さんよし、お値段よし、隠れっぷりもよし、と一体何拍子揃ってるんですか、という中目黒新聞もちょくちょく通う迷店は名店です。

 

9月

宮崎駿監督が引退を表明しマー君が連勝記録を伸ばす中バレンティン選手が本塁打の新記録を達成、リニア中央新幹線の詳細ルート発表、iPhone5s、5c発売など、9月もいろいろなことがありましたが、やっぱりアレが一番のニュースだったのではないでしょうか?

2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決定!

めでたい気分に浮かれカンパイしまくらせていただいた取材先は伝説のミュージシャンの気配を感じながら、ライブやイベントを楽しめる「FJ’s」ビオワイン充実のダイニング「ひげたか」、中目黒駅前にオープンしたA5ランクの極上お肉を個室で楽しめる「焼肉チャンピオン中目黒アトラスタワー店の3店舗。

そんな中MVRは飲食店以外より選出。

インスタントフィルムの文化を継承し続けるプロジェクトのギャラリー「Impossible Project Space」で写真の魅力を新発見。

Impossible Project Space

ポラロイド社のインスタントカメラで使えるインスタントフィルムを復活させようという不可能なプロジェクトに挑むの日本拠点が中目黒にあるということで訪問。インスタントフィルム作品を展示するギャラリーであり、カメラやフィルムなど各種アイテムを購入することのできるショップでもある「Impossible Project Space」は、古くて新しい写真の楽しみ方に出会えるステキな場所でした。

 

10月

あちこちで「倍返しだ!」というリアクションを耳にしたこの時期、やなせたかしさんや川上哲治さんが亡くなり、伊豆大島では土砂災害が発生、笑っていいとも!の終了が発表されるなど、悲しいニュースが多かったような気がします。

いろいろな事情で10月はまたもや大きくペースダウンしてしまいましたが、うかがった2軒はともにとってもステキなお店でした。

準MVRは「hana-naya」三輪車でスマイル全開なフラワーLOVEなモバイル花屋さんに遭遇!

MVRはコチラ。

次世代シェフ「NARITA YUTAKA」が切り開く、新しい驚きと喜びのニューフレンチの世界。

NARITA YUTAKA

イケメンシェフによる感動のニューフレンチの紹介記事は、多くの反響をいただきました。

絶好のロケーションで、まるでアートのようなお料理をいただく贅沢なひと時は、一軒目でも二軒目でも、ここぞのデートのローテーションに入れていただいて間違いないのではないでしょうか。

 

11月

楽天イーグルスが初の日本一に輝いた11月、食材偽装表示や猪瀬都知事の借入問題等が世間を騒がせました。

だいぶ涼しくもなり、やる気満々で中目黒をパトロールしまくったこの月は、新登場の音楽を奏でるように磨き上げられた唯一無二のハンドメイドジュエリー「Lovignette(ラヴィネット)」旅をテーマにしたセレクトショップ「BEST PACKING STORE」の他に、SEXYな内装やベイビーガックリブがインパクト大な「Bbr APARTMENT」ワクワクが止まらない「トラベラーズノート」のフラッグシップストア「TRAVELER’S FACTORY」など、知る人ぞ知るお店も取材させていただきました。

そんなステキなお店の記事がひしめいた11月のMVRは、

「DAYS」きっと貴方もファンになる。料理・空間・人に心ほぐれるカジュアルイタリアンがOPEN!

DAYS

カジュアルイタリアンDAYSは、若きオーナーシェフのこだわりと想いが詰まった料理、空間、サービス、どれをとっても心地の良過ぎで、店名の通り毎日通いたくなってしまうんです。

フレッシュな今のDAYSもステキですが、数年後の仕上がり具合も楽しみな期待の新店です。

 

12月

流行語大賞はやっぱりの4つが受賞し、今年の漢字は「輪」に決定、猛暑の反動か各地で例年より早く初雪が観測されました。

12月は海鮮魚串「彩玄」の新感覚「フォアグラが深みを出す海鮮ココナッツ鍋」で舌鼓を打ち、個性派セレクトショップの「ALTAGRACIA」や「SHOP(エス・エイチ・オー・ピー)」、誰かにお花を贈りたくなる小さなお花屋さん「ex.(イクス)」を取材させていただきました。

そんな中、今年最後のMVRはコチラ。

「Sun2Diner」炭火で焼き上げる本格派ハンバーガー&クラフトビールを楽しめるアメリカンダイナーで陽気なひと時を。

Sun2Diner

オススメのひとつ「ベーコンチーズバーガー+パティ」はご覧の通りの10階建ての高層バーガーで、見た目のインパクト同様、その味のインパクトも大!

10種類以上揃えているクラフトビールやこだわりの炭火焼きメニューも要チェックですよ~

 

以上、2013年の中目黒新聞の記事ダイジェストでした。

 

 

今年も一年、本当にいろいろな方のお世話になりました。

熱烈な中目黒マニアの読者の皆様、ありがとうございます。

取材にご協力いただいたステキな中目黒ピープルの皆様、ありがとうございます。

そして中目黒の地域の皆様、ありがとうございます。

来年もゆるくマイペースに「ちょっと中目黒が盛り上がるpricelessな情報」をお届けしていきたいと思います。

というわけで、来年もよろしくお願いいたします。

よいお年を!

 

Share (facebook)